家計の簡単節約術節約術・車費、ガソリン代
>ロードサービスの節約

ロードサービス節約

車の故障時に、会員になっておくと何かと助かるロードサービス。ロードサービスは、JAFが最も有名ですが、他大手ロードサービスとして、JRS(日本ロードサービス)などもあります。また最近では、損保会社やクレジットカードにもロードサービスが付帯しているものもあります。
最も有名なJAFに入会するためには、入会金2000円と年会費が4000円程かかりますが、他ロードサービスなら、入会金なしで年会費2000円以下で加入できます。

ロードサービスの主な内容

  1. 無料けん引(5~10キロ)
  2. バッテリーが上がり
  3. 脱輪した車の引き上げ
  4. ガス欠時の給油
  5. 車内にカギを閉じ込めた時の鍵あけ
  6. その他パンクなどの簡単な修理

どのロードサービスもこれらの基本的なサービスには無料で対応しています。ただ、この中でも、一部有料の場合や、無料けん引距離と、脱輪車の引き上げについては、多少ばらつきがあるようです。

自動車保険付帯型は節約に貢献

自動車保険付帯型のロードサービスは、ロードサービス専門業者やクレジットカード付帯型のサービスにプラスして、宿泊費用、走行不能状態の車を搬送するサービスなどが無料で付いているので、専門業者やクレジットカード付帯型よりもサービスが充実しています。格安な直販型保険には大抵無料で付帯されているのも大きな特徴。自動車保険にロードサービスが付帯しているなら、以外と利用しない事を考えると、他ロードサービスは年会費を節約するためにも、解約しても問題はないと思います。
ただ、保険会社の収益が悪い場合、サービスが見直される可能性が高いと思われます。
三井ダイレクトのロードサービスについて記載されている部分を抜粋すると、
「ロードサービスは、保険契約とは別にお客さまサービスとして実施するものです。サービスの内容や範囲に付きましては、変更することがございますのであらかじめご了承ください。」
とあります。つまり、「お客様サービス=無償で行っているサービスに近いと言える」という事が想像できると思います。ソニー損保、アクサダイレクトなども同様の形でロードサービスが付帯されています。
収益が良くない場合など、真っ先にロードサービスの部分が見直される可能性があるという事です。保険会社からのお知らせは常にチェックしておきたい所です。

ロードサービス比較

もし、自動車保険に付帯していない場合、専門業者、クレジット付帯型に加入する事になります。ロードサービスの中で利用する可能性の高いものはバッテリー上がり、パンク、キーの閉じ込め、脱輪車の引き上げ(JAF調べ)あとはけん引が10kmついているなら充分なロードサービスだと言えます。
どのロードサービスも、基本的には同じですが、年会費や、拠点数を考慮して、自分に合ったサービスを。

ロードサービス専門

入会金 年会費 拠点数 無料けん引距離 脱輪
JAF 2000円 4000円 2100 5km 調査中
JRS 無料 2100円 7300 10km 有料
スーパーカー
レスキュー
無料 2100円 7300 5km 落差1m以内でタイヤ1本 まで無料

クレジットカード付帯型

入会金 カード
年会費
年会費 拠点数 無料けん引
距離
脱輪
シナジーカード 無料 1312円 525円 5,000 10km 1mまで無料
出光まいどカード 無料 1312円 787円 8000 10km 1mまで無料
ENEOSカード 無料 1312円 525円 8000 10km 1mまで無料
Zガンダムオフィシャルカード 無料 無料 無料 3000 10km 1mまで無料

(ガソリン系カードの場合、初年度は無料で、次年度以降もある一定額以上の利用で年会費無料になります)

ロードサービスを目的として入会する場合、無料の範囲(1回払いなど)で、年に1度は、カードの利用をおすすめします。

節約術・車費、ガソリン代


inserted by FC2 system