家計の簡単節約術水道光熱費の節約術
>照明器具の節約術

照明器具の節約術

蛍光灯の数を節約

今の蛍光灯は、1本でも、生活するには充分の明るさです。大体2本まで付くようになっていますが、それを1本にする事で、電気代を約半分に節約できます。また、蛍光灯には、ほこりがつきやすく、ほこりが付いていると当然、通常よりも暗くなってしまいます。これも月に1度は掃除。
掃除すると、どうしても大量のほこりが出るので、掃除するなら晴れた日に。

特徴毎に使い分けて節約

蛍光灯と白熱電球には、それぞれ、長所と短所があります。

蛍光灯の特徴として、

  • 同じ電力でも、白熱電球の3倍程明るい。
  • 白熱電球よりも寿命が長い
  • 白熱電球と比べると、付けたり消したりを繰り返すと、寿命が短くなる
  • 白熱電球よりも価格が高い

一方の白熱電球は

  • 蛍光灯より価格が安い
  • 蛍光灯と比べると、付けたり消したりを繰り返しても、寿命が縮まりにくい
  • 蛍光灯よりも電気効率が悪い
  • 蛍光灯よりも寿命が短い
  • 大きな白熱電球は、長時間付けていると熱を持つ

居室、風呂、台所などの頻繁に付けたり消したりを使わない場所には蛍光灯や、電球型蛍光灯。
廊下や、トイレなど、頻繁に付けたり消したりする場所には、白熱電球を使うと、電気代、備品代の節約に効果的です。


inserted by FC2 system