家計の簡単節約術>将来の家計に備えて

将来の家計に備えて

家計を健全に保つためには、「今がいいからこれでいい」という考えではなく、近い将来、遠い将来を見据える事が必要です。
少子高齢化が進む現在、年金制度や医療制度などの負担増、また奨学金制度の廃止など、社会保障制度が信用できない今の状況では、ライフプランを若いうちに考え、備えておく事が必須になっています。
近い将来への備え(車、家電製品の買い替えや修理、車検費用、旅行費用、冠婚葬祭)はもちろんの事、遠い将来(保険などのいざという時のリスク管理、老後や教育資金のための貯金)も大切な事です。

将来設計を家計に反映

今だけ考えて黒字にするのは比較的簡単にできるもの。将来の事を見据えて管理してこそ健全で安心度も高くなる

老後の家計に備える

年金が当てにできない現在、老後の家計をどうするか考えてみよう

老後に必要な資金はいくら?

年金だけでは生活できない現在。老後も今の生活を維持するために最低限必要な資金ともらえる年金額などを計算してみよう

現状を見る限り、なかなか難しい所もありますが、月数千円の積立だけでもかなり違ってきます。不安な将来のために少しでも備えを。


inserted by FC2 system